ヘッダー画像

部分矯正

部分矯正|堺市西区で矯正歯科を行う、しま歯ならび矯正歯科

部分矯正ってなに?

部分矯正

部分矯正とは、1本から数本の範囲の歯に限定して矯正治療を行う方法です。

部分矯正のメリットとデメリット

メリット

  • 通常の矯正治療と比べて治療期間が短い通常の矯正治療では多くの歯を動かし治療を行うため、2~3年以上の治療期間が必要になりますが、部分矯正では範囲を限定して治療するため短期間で歯ならびを改善させることができます。人によって治療期間は違ってきますが、歯ならびが気になる前歯だけの部分矯正であれば最短で半年程度で歯ならびを改善できる場合もあります。転勤や出張が多くて長期間治療に通うことが難しい方や進学や留学などで転居の可能性がある方など治療期間に制限がある場合にも無理なく治療できます。また、成人式や結婚式に合わせて短期間で部分的に矯正治療を行いたい方にもお勧めです。
  • 通常の矯正治療と比べて治療費を抑えられる治療範囲を限定して矯正治療を行うため、通常の矯正治療よりも費用を抑えて治療を行うことが可能です。

デメリット

  • 患者さんの歯の状態によっては、部分矯正のみでは適応しない場合がある歯の位置が大きくずれていたり、全体的なかみ合わせの調和を含めた治療が必要な場合は部分矯正のみでは改善が出来ない場合があります。
  • 歯の表面を少量けずる場合がある基本的には歯を抜かずに治療をしていくため、歯の表面を少量けずって歯を動かすスペースを確保することがあります。
  • 通常の矯正治療と比べて仕上がりが劣る場合がある通常の矯正治療と違って、動かせる歯の数が限定されるため、仕上がりにも限界が出てきます。

料金表

部分矯正(ワイヤー)

項目 料金
装置・技術料 100,000〜450,000円
(税込 110,000〜495,000円)
調節料 4,000円
(税込 4,400円)

※一部分および上下顎片方のみの歯ならびの治療、補綴前矯正
※治療難度と使用装置によって値段に幅があります

pagetop