ヘッダー画像

部分矯正

部分矯正|堺市で矯正歯科を行う、しま歯ならび矯正歯科

部分矯正ってなに?

部分矯正

部分矯正とは、1本から数本の範囲の歯に限定して矯正治療を行う方法です。

部分矯正のメリットとデメリット

メリット

  • ほとんどの場合は通常の矯正治療と比べて治療期間が短い通常の矯正治療では多くの歯を動かし治療を行うため、2~3年以上の治療期間が必要になりますが、部分矯正では範囲を限定して治療するため短期間で歯ならびを改善させることができます。人によって治療期間は違ってきますが、歯ならびが気になる前歯だけの部分矯正であれば最短で半年程度で歯ならびを改善できる場合もあります。転勤や出張が多くて長期間治療に通うことが難しい方や進学や留学などで転居の可能性がある方など治療期間に制限がある場合にも無理なく治療できます。また、成人式や結婚式に合わせて短期間で部分的に矯正治療を行いたい方にもお勧めです。
  • 通常の矯正治療と比べて治療費を抑えられる治療範囲を限定して矯正治療を行うため、通常の矯正治療よりも費用を抑えて治療を行うことが可能です。

デメリット

  • 患者さんの歯の状態によっては、部分矯正のみでは適応しない場合がある歯の位置が大きくずれていたり、全体的なかみ合わせの調和を含めた治療が必要な場合は部分矯正のみでは改善が出来ない場合があります。
  • 歯の表面を少量けずる場合がある基本的には歯を抜かずに治療をしていくため、歯の表面を少量けずって歯を動かすスペースを確保することがあります。
  • 通常の矯正治療と比べて仕上がりが劣る場合がある通常の矯正治療と違って、動かせる歯の数が限定されるため、仕上がりにも限界が出てきます。

料金表

こちらは料金表(税込表示)です。
治療難易度と使用装置によって料金に幅があります。
治療方法別の料金の目安を下記にまとめました。
患者さんごとの料金や詳しい内訳については診断時の資料をご参照ください。

初診相談

項目 料金
初診相談 無料

部分矯正(ワイヤー矯正)

項目 料金
初診相談 無料
精密検査料 15,000円

(税込16,500円)
診断料 30,000円

(税込33,000円)
装置料 100,000~450,000円
(税込110,000円~495,000円)
保定装置 50,000円

(税込55,000円)
合計 195,000~545,000円
(税込214,500円~599,500円)

※CT撮影は別途料金がかかります(税込3,500円)。
※部分矯正は、歯ならびの一部分や上下顎片方のみの歯ならびの治療、補綴前矯正が対象になります。
※治療難度と使用装置の数によって値段に幅があります。
※小児矯正終了後に、大人の矯正治療に移行する場合、大人の装置・技術料から小児矯正で要した装置・技術料を差し引いた金額でご案内させて頂いております。

矯正治療にともなう一般的なリスクや副作用についてのまとめ

  1. 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
  2. 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  3. 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者様のご協力が重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。
  6. 歯ぐき(歯肉)が痩せて下がることがあります。また、歯の根本に隙間ができる場合があります(ブラックトライアングル)。
  7. ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  8. ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  9. 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  10. 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  11. 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  12. 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  13. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  14. 装置を外すときに、歯のエナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物)の一部が破損することがあります。
  15. 装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  16. 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  17. 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  18. 治療後に親知らずが生えて、歯列にでこぼこが生じる可能性があります。
  19. 加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  20. 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。
pagetop