ヘッダー画像

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正|堺市で矯正歯科を行う、しま歯ならび矯正歯科

こんなお悩みありませんか?

  • 自身で取り外しをして管理する装置より固定式の装置を使用したい
  • マウスピース型矯正装置が自分で管理して着け続ける自信がない…

ワイヤー矯正(表側矯正)とは

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を特殊な接着剤で貼り付け、そこにワイヤーを通して理想的な位置に歯を動かしていく一般的に一番よく知られている矯正治療の方法です。今までは金属製のブラケットを歯に装着することから、見た目を気にする方には、ちょっと…と思われがちでしたが、当院では、プラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい装置を使用しています。

ワイヤー矯正などの矯正治療で歯が動く仕組み

歯は歯槽骨という骨で支えられています。ワイヤーなどによって一定方向に力が加わると、歯は動く方向にある歯槽骨を吸収し、もともと歯があった場所に骨を作りながら移動します。
こうして少しずつ歯を移動させることで、理想の歯ならびに近づけていきます。

ワイヤー矯正の特徴

矯正治療の適応範囲が広い

程度にもよりますが、ガタガタの歯ならび(叢生)、出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列)、受け口(反対咬合)、開咬、過蓋咬合など、さまざまな症例に対応できます。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 従来からある信頼性の高い矯正治療方法なので十分な実績がある
  • 矯正装置の自己管理が不要
  • 固定式の装置のため、取り外しの装置に比べると歯の動きの確実性は高い
  • 歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正と比較して発音への影響や舌の違和感は少ない
  • 骨格的な不調和を除いて基本的に全ての不正咬合に対応可能

デメリット

  • 矯正装置が歯の表側につくので見えてしまう
  • 矯正装置の厚みでやや口元が出っ張っているように感じることがある
  • 食事、歯磨きは装置を装着したまま行う
  • 唇の裏に装置が当たり口内炎ができることがある

ワイヤー矯正の治療期間

矯正治療の期間は治療する部位や方法によって異なりますが、全体的な矯正の治療期間はおおよその目安は2〜3年です。大人の矯正では1ヶ月に0.5mmくらいのペースでゆっくり動かすので、時間がかかります。
前歯だけなどの部分的なものであれば半年〜1年、全体を矯正するのであれば2〜3年くらいの期間を要します。歯ならびが悪いと期間が延びることもあります。
また、矯正治療をすると歯が矯正前の位置に戻ろうとするので、保定装置と呼ばれる取り外し式の装置をつけ、動かした後の歯ならびに慣れさせて安定させる期間も必要です。

料金表

こちらは料金表(税込表示)です。
治療難易度と使用装置によって料金に幅があります。
治療方法別の料金の目安を下記にまとめました。
患者さんごとの料金や詳しい内訳については診断時の資料をご参照ください。

初診相談

項目 料金
初診相談 無料

ワイヤー矯正 簡単

項目 料金
初診相談 無料
精密検査料 15,000 円

(税込16,500円)
診断料 30,000 円

(税込33,000円)
装置料 700,000 円

(税込770,000円)
保定装置 50,000 円

(税込55,000円)
合計 795,000円

(税込874,500円)

ワイヤー矯正 普通

項目 料金
初診相談 無料
精密検査料 15,000 円

(税込16,500円)
診断料 30,000 円

(税込33,000円)
装置料 750,000 円

(税込825,000円)
保定装置 50,000 円

(税込55,000円)
合計 845,000円

(税込929,500円)

ワイヤー矯正 困難

項目 料金
初診相談 無料
精密検査料 15,000円

(税込16,500円)
診断料 30,000円

(税込33,000円)
装置料 850,000 円

(税込935,000円)
保定装置 50,000円

(税込55,000円)
合計 945,000円

(税込1,039,500円)

矯正治療にともなう一般的なリスクや副作用についてのまとめ

  1. 最初は矯正装置による不快感、痛みなどがあります。数日から1~2週間で慣れることが多いです。
  2. 歯の動き方には個人差があるため、治療期間が予想より長期化することがあります。
  3. 装置や顎間ゴムの扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者様のご協力が重要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は、装置がついているため歯が磨きにくくなります。虫歯や歯周病のリスクが高まるので、丁寧な歯磨きや定期メンテナンスの受診が大切です。また、歯が動くことで見えなかった虫歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことにより歯根が吸収され、短くなることがあります。
  6. 歯ぐき(歯肉)が痩せて下がることがあります。また、歯の根本に隙間ができる場合があります(ブラックトライアングル)。
  7. ごくまれに、歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  8. ごくまれに、歯を動かすことで神経に障害を与え、神経が壊死することがあります。
  9. 治療中に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。
  10. 治療中に、「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口をあけにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  11. 問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  12. 歯の形状の修正や、噛み合わせの微調整を行なうことがあります。
  13. 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  14. 装置を外すときに、歯のエナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、補綴物(被せ物)の一部が破損することがあります。
  15. 装置を外した後、保定装置を指示どおりに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  16. 装置を外した後、現在の噛み合わせに合わせて補綴物(被せ物)の作製や虫歯治療などをやり直す可能性があります。
  17. 顎の成長発育により、噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  18. 治療後に親知らずが生えて、歯列にでこぼこが生じる可能性があります。
  19. 加齢や歯周病などにより歯を支える骨が痩せると、歯並びや噛み合わせが変化することがあります。その場合、再治療が必要になることがあります。
  20. 矯正治療は、一度始めると元の状態に戻すことが難しくなります。

ワイヤー矯正Q&Aはこちら

pagetop