ヘッダー画像

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正|堺市西区で矯正歯科を行う、しま歯ならび矯正歯科

こんなお悩みありませんか?

  • 自身で取り外しをして管理する装置より固定式の装置を使用したい
  • マウスピース型矯正装置が自分で管理して着け続ける自信がない…

ワイヤー矯正(表側矯正)とは

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を特殊な接着剤で貼り付け、そこにワイヤーを通して理想的な位置に歯を動かしていく一般的に一番よく知られている矯正治療の方法です。今までは金属製のブラケットを歯に装着することから、見た目を気にする方には、ちょっと…と思われがちでしたが、当院では、プラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい装置を使用しています。

ワイヤー矯正などの矯正治療で歯が動く仕組み

歯は歯槽骨という骨で支えられています。ワイヤーなどによって一定方向に力が加わると、歯は動く方向にある歯槽骨を吸収し、もともと歯があった場所に骨を作りながら移動します。
こうして少しずつ歯を移動させることで、理想の歯ならびに近づけていきます。

ワイヤー矯正の特徴

  1. 信頼性の高い十分な実績歴史の長い矯正治療の方法で、臨床成績も十分あり安心して治療を受けられます。
    また、症例にもよりますが、表側矯正は通常もっともリーズナブルに矯正治療を受けることができます。
  2. 矯正治療結果が得られやすい矯正装置が歯の表面についていても気にならないという方は、治療実績がもっとも長く、どんなケースであっても確実な治療結果が得られやすい表側矯正がおすすめです。
  3. 矯正治療の適応範囲が広い程度にもよりますが、ガタガタの歯ならび(叢生)、出っ歯(上顎前突)、すきっ歯(空隙歯列)、受け口(反対咬合)、開咬、過蓋咬合など、さまざまな症例に対応できます。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

メリット

  • 従来からある信頼性の高い矯正治療方法なので十分な実績がある
  • 矯正装置の自己管理が不要
  • 固定式の装置のため、取り外しの装置に比べると歯の動きの確実性は高い
  • 歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正と比較して発音への影響や舌の違和感は少ない
  • 骨格的な不調和を除いて基本的に全ての不正咬合に対応可能

デメリット

  • 矯正装置が歯の表側につくので見えてしまう
  • 矯正装置の厚みでやや口元が出っ張っているように感じることがある
  • 食事、歯磨きは装置を装着したまま行う
  • 唇の裏に装置が当たり口内炎ができることがある

ワイヤー矯正の治療期間

矯正治療の期間は治療する部位や方法によって異なりますが、全体的な矯正の治療期間はおおよその目安は2〜3年です。大人の矯正では1ヶ月に0.5mmくらいのペースでゆっくり動かすので、時間がかかります。
前歯だけなどの部分的なものであれば半年〜1年、全体を矯正するのであれば2〜3年くらいの期間を要します。歯ならびが悪いと期間が延びることもあります。
また、矯正治療をすると歯が矯正前の位置に戻ろうとするので、保定装置と呼ばれる取り外し式の装置をつけ、動かした後の歯ならびに慣れさせて安定させる期間も必要です。

料金表

ワイヤー矯正

項目 料金
装置・技術料 660,000〜800,000円
(税込 726,000〜880,000円)
調節料 4,000円
(税込 4,400円)
pagetop