ヘッダー画像

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置|堺市西区で矯正歯科を行う、しま歯ならび矯正歯科

こんなお悩みありませんか?

  • 矯正していることを人に気づかれにくくしたい
  • 矯正はしたいけれど出来るだけ目立たない矯正装置にしたい
  • 矯正治療で伴う痛みが怖いため治療に耐えられるか不安
  • 矯正中の歯みがきや歯茎のお手入れが心配

マウスピース型矯正装置とは

マウスピース型矯正装置

マウスピース型矯正装置 インビザライン(薬機法対象外)は、コンピュータ・グラフィックを用いて作製された透明なマウスピースを段階的につけ替えることで歯を動かす歯科矯正システムです。従来のようなワイヤーによる矯正治療ではなく、透明で目立たない、取り外し可能なマウスピースを用いて歯ならびを理想的に整える、新しい矯正治療です。金属製のワイヤーを使用しないため金属アレルギーの心配もなく、透明なため矯正装置も目立ちません。また、取り外し可能なため食事も快適で、普通に歯磨きも出来るため衛生的です。痛みもほとんどないと言われています。世界中で多くの患者さんの治療に用いられており、標準的な矯正装置のひとつになっています。

マウスピース型矯正装置の特徴

  1. 治療中でも思いっきり笑える!透明で目立ちにくい矯正方法マウスピース型矯正装置の最大のメリットは、目立ちにくいこと。薄く透明なプラスチック製の装置ですので、矯正していることが周囲にわかりづらく、人の目を気にすることなく歯列矯正ができます。装置などなるべく違和感なく治療を行いたい方、社会人や大人の女性に人気の歯列矯正方法です。
  2. 取りはずしができ、いつも通りに食べられる通常のワイヤー矯正などと違い、マウスピース型矯正装置は自身で取りはずしができることもメリットのひとつです。歯みがきをする際もマウスピースを取りはずしてこれまで通りに歯みがき、お口のなかを清潔に保つことができます。
  3. マウスピースは常に清潔ですマウスピース型矯正装置は、治療の段階に合わせてマウスピースを作り、段階を追って新しいものに交換し、装着することで徐々に歯ならびを整えていきます。そのため、マウスピースが汚れても、新しいものに変わっていくためいつも清潔です。
    また、ワイヤー矯正では唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配があります。しかし、マウスピース型矯正装置はその心配がなく、また治療期間中に矯正装置が歯からはずれてしまうこともありません。
  4. 金属アレルギーでも治療可能通常の矯正治療にはブラケットやワイヤーに金属を使うため、金属アレルギーの方は治療できない場合があります。しかし、マウスピース型矯正装置はプラスチックのマウスピースのみを使うため、金属アレルギーの方でも治療が可能です。

光学3Dスキャナーとは

通常は印象材(粘土のような型取り材)を口に入れて固め、歯型を採取していましたが、光学3Dスキャナー(iTero)の導入により、患者さんのお口にスティック状の口腔内カメラを入れてスキャンするだけで歯型を取ることができます。
歯型を採取するために器具を入れる際、おえっとなりやすい方はでも負担が少なく、短時間で精度の高い型取りが可能となりました。
また、今までは歯型はアメリカの会社へ輸送する必要がありましたが、スキャンしたデータをネット経由で送ることができるため、よりスピーディーに対応が可能です。

マウスピース型矯正装置のメリット・デメリット

メリット

  • 透明で目立たない透明なマウスピース型の装置なので、つけていることが目立ちません。従来のワイヤー型の矯正装置のように笑ったときに装置が見えないので、見た目を気にすることなく歯ならびを整えることができます。
  • 話すときも邪魔にならない多くの方が想像するマウスピースとは違い、厚さが薄く作られていますので、話すときに違和感が感じにくくなっています。
  • 通院回数が少ない歯が整っていく過程を専用のコンピューターでシミュレーションし、その過程に合った形のマウスピースを一度に製作するので通院回数を抑えることが可能です。
  • 自由に取り外し可能従来のワイヤー型の矯正装置と違い、取り外しが可能なので、食事中の不快感がありません。また、ご自身でお掃除も可能なので口腔内環境を保つことができます。
  • 金属アレルギーの心配がないマウスピース型矯正装置は薄いプラスチックで作られているので、これまで金属アレルギーで矯正治療ができなかった方々も治療可能です。

デメリット

  • 適応できない症例があるマウスピース型矯正装置に適さない歯ならびもありますので診断の時にお伝えします。
    場合によってはマウスピース型矯正装置単独ではなく、ワイヤーの矯正装置を併用した治療計画を立てる場合もあります。カウンセリングの際にご相談ください。
  • 装着時間を守らないと効果が薄くなる1日の規定された装着時間(約22時間以上)が必要です。食事の際には外していただきます。
  • 治療期間が長くなる場合がある歯ならびによっては、ワイヤー矯正と比較して治療期間がかかることがあります。

マウスピース型矯正装置の治療期間

マウスピース型矯正装置の治療期間は、歯の状態や治療計画などによって異なりますが、平均的には、2年~2.5年です。ワイヤー矯正など、ほかの矯正方法とほぼ同じくらいです。

料金表

透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン等)

項目 料金
装置・技術料 800,000円〜
(税込880,000円〜)
調節料 4,000円
(税込 4,400円)
pagetop