ヘッダー画像

よくいただく質問とその回答

よくいただく質問とその回答|【公式】しま歯ならび矯正歯科|堺市の矯正歯科

矯正治療全般Q&A

矯正治療は痛いですか?

矯正治療の痛みはとても痛い!という方もいらっしゃれば、案外そうでもないという方もいらっしゃいます。たとえ痛みを感じることがあっても2~3日で消失する場合がほとんどですのでご安心ください。痛みが1週間程様子を見ていただいてそれでも痛みが引かない場合はご連絡いただけましたらすぐに対応させていただきます。

歯を抜かずに矯正をしたいのですが可能でしょうか?

非抜歯での治療も可能ではありますが患者様のご要望やお口の中の状況によって抜歯が必要になることもあります。どうしても抜歯をしたくない!などご要望がございましたら相談の際にお伝え下さい。
→当院のブログにて詳しく説明しておりますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

矯正治療をするのに抜歯は必要?不必要?|【公式】しま歯ならび矯正歯科|堺市西区鳳駅の矯正歯科 (shima-ortho-clinic.com)

矯正をする上でリスクはありますか?

例として挙げるとするならば、歯磨きがしにくくなって虫歯や歯周病になりやすくなったり、装着後の歯のお痛み、装置が当たって口内炎ができやすくなる、強い力で歯を引いた場合に起こる歯の根っこが短くなる歯根吸収、歯茎が下がってしまう歯肉退縮などがあります。そのようなことが起きないよう慎重に治療を進めていきますがかみ合わせの状態などで一時的に生じる場合もあります。もちろん、装置装着前にリスク説明もしっかり行います、患者様に納得いただいてからの治療開始となりますのでご安心ください。
以下の記載内容は、しま歯ならび矯正歯科でも使用している日本矯正歯科学会の定めるガイドラインに基づいた一般的なリスク・副作用についての説明です。ご参考になさってください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用について

  • ① 最初は矯正装置による不快感、痛み等があります。数日間~1、2 週間で慣れることが多いです。
  • ② 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • ③ 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正治療には患者さんの協力が非常に重 要であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • ④ 治療中は、装置が付いているため歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まります ので、丁寧に磨いたり、定期的なメンテナンスを受けたりすることが重要です。また、歯が動くと 隠れていたむし歯が見えるようになることもあります。
  • ⑤ 歯を動かすことにより歯根が吸収して短くなることがあります。また、歯ぐきがやせて下がること があります
  • ⑥ ごくまれに歯が骨と癒着していて歯が動かないことがあります。
  • ⑦ ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受けて壊死することがあります。
  • ⑧ 治療途中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  • ⑨ 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあり ます。
  • ⑩ 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  • ⑪ 歯の形を修正したり、咬み合わせの微調整を行ったりする可能性があります。
  • ⑫ 矯正装置を誤飲する可能性があります。
  • ⑬ 装置を外す時に、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、かぶせ物(補綴物)の一部が破損する 可能性があります。
  • ⑭ 装置が外れた後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • ⑮ 装置が外れた後、現在の咬み合わせに合った状態のかぶせ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物) などをやりなおす可能性があります。
  • ⑯ あごの成長発育によりかみ合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  • ⑰ 治療後に親知らずが生えて、凸凹が生じる可能性があります。加齢や歯周病等により歯を支えてい る骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になることがあります。
  • ⑱ 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。

※この記載例は、今後修正が加えられる可能性があります。

精密検査ではなにをしますか?

お口の写真撮影、お顔の写真撮影、各種レントゲン撮影、歯の型取り、鼻呼吸量の測定、光学スキャナーによる歯のスキャニング(カスタムメイド型マウスピース矯正装置を選択された方)を行います。お時間は45分~1時間ほどです。

矯正期間はどれくらいですか?

元々の歯ならびや患者さんのご希望の治療方法によって個人差があります。
目安でいうと、1年~2年半の間ぐらいですが治療方法にもよりますので、お気軽にご相談ください。

通院回数はどれくらいですか?

原則として月に一度通院していただき、装置の使用状況や適合状態の確認、調整を行っております。

装置のメンテナンス方法を教えてください

メンテナンスとしては原則月に一度装置の確認と調整を行いますのでご安心下さい。ご自宅でできるメンテナンスとしては、装置と歯の間に食べ物が詰まりやすくなっているので毎日しっかりと歯磨きをしていただくことと、装置にも汚れが付きやすいので装置の清掃も忘れずに行ってください。

歯磨きの仕方を知りたいです

装置と歯の間に汚れがたまりやすくなっているので、まず普段通りに磨いて頂いてから、ワンタフトブラシ等を使用していただき細かい箇所までしっかりと磨くことが理想です。歯と装置の間はフロスや歯間ブラシを使用して頂くと効果的です。使用する装置ごとの歯磨き指導も装置装着日にしっかりとご説明させていただきますのでご安心ください。

装置を着けたままスポーツはできますか?

一般的なスポーツであれば問題ございません。ですが、激しくぶつかったりするスポーツ(アメフト、ボクシング等)の場合は一度ご相談ください。また、筋トレ等で歯を食いしばることが多い場合もマウスピース型矯正装置だと割れてしまったりする恐れがありますので、そちらも一度ご相談ください。

矯正終了後、元に戻ることはありますか?

矯正治療終了後、そのまま何もしないでいると後戻りは必ず起こりますので、後戻り防止装置の装着が必要になります。最初の半年間は月に一度通院していただき、その後は3か月に一回、半年に一回、最終的には一年に一回のペースで通っていただく形になります。もちろんご心配であれば毎月通っていただくことも可能です。

子どもの矯正に関するQ&A

小児の矯正は何歳から可能でしょうか?

小児矯正は、患者さんの発育の状態によって変化しますが、指標としては、6歳臼歯がはえてきた段階が治療開始の目安になります。しかし、1歳半検診や3歳検診で出っ歯や受け口を指摘されている場合は症状が重篤である場合が多いですので、一度相談にいらっしゃって下さい。当院では最年少で4歳のお子様が装置を使って治療をしております。

小児矯正と成人矯正の違いはなんですか?

小児はあごの骨がまだ柔らかいため、歯のはえている骨の成長を誘導しながら歯ならびを整えていくという「成長を利用した矯正治療」を行うことが可能ですが、成人になると顎の骨はもう硬くなっているため骨を広げる治療は困難となります。そのため、成人の場合はスペース不足でガタガタになったりしている場合、抜歯したり奥歯を後ろへ動かすことでスペースを確保することで歯ならびを整えていくといった治療となります。

装置を着けている間、気を付けるべきことはありますか?

虫歯になりやすいので歯磨きをしっかり行って頂くこと、固定式の装置の場合は粘着性のある食べ物(キャラメル、ハイチュウ等)は装置に引っ付いて脱離する場合がございますので控えてください。

装置装着後、食事がしづらく話しづらいのですが大丈夫でしょうか?

特に上あごに装着する固定式の装置に関しては、装着直後は食事や会話がしづらい場合があります。
ですが、しばらくすると装置に慣れてくる場合がほとんどですので、ご安心ください。

大人の矯正Q&A

ワイヤーとマウスピース型矯正装置どちらのほうがいいですか?

ワイヤー矯正とマウスピース型矯正装置(カスタムメイド型マウスピース矯正装置)、一概にはどちらがいいとは言えません。患者様の症状や、生活スタイルなどで向き不向きが変わって参ります。そちらもご相談いただけましたらご要望に合わせた治療をご提案させていただきます。

成人の矯正は何歳まで可能でしょうか?

矯正治療に年齢制限はありません。歯の健康状態が良好かつ歯を支えているあごの骨がしっかりしていれば基本的には治療を受けていただくことが可能となります。治療方法については様々ありますので、一度ご相談ください。

ワイヤー矯正Q&A

痛みはありますか?

はい。ございます。
特にワイヤー(歯を動かすためのはりがね)を交換した後の数日間は痛みの出る方が多いです。
通常2日~1週間ほどで痛みが引いてきます。(個人差があります)
1週間の間どうしても我慢できないときは痛み止めを飲んで頂いても大丈夫です。

目立ちにくくすることはできますか?

可能です。当院では、
①白ブラケット(ワイヤーを固定するために歯につける突起)
②白ワイヤー(※別途料金が発生)
③舌側(歯の裏側にブラケットをつける)矯正、または上顎のみ舌側矯正
などを取りそろえております。詳細が気になる方は、当院までご相談ください。

来院ペースはどれくらいになりますか?

原則、月に1回になります。
ワイヤーやゴムの交換や、歯が順調に動いているかなどを確認させて頂きます。

ワイヤーの部分矯正はありますか?

はい。当院でもワイヤーによる部分矯正を行っております。
もし興味がございましたら、一度当院の初診相談、またはお電話などでお気軽にご相談ください。(治療には適応、不適応がございます。)

ブラケット、ゴムをひっかけるフックが取れてしまいました。

この場合はつけ直しする必要がございます。一度当院までご連絡下さい。
また、可能であればとれてしまったブラケットのご持参をお願いいたします。

ワイヤーが飛び出てきて痛いです。

お痛みのある場合、すぐに調整させて頂きますので一度ご連絡下さい。
(歯が動いてくると、ワイヤーがたわみその分奥歯の方から飛び出てきます。ワイヤー自体の長さは変わりませんが、曲がったワイヤーが真っすぐになると後ろへ飛びでてくるためです。)

ブラケットが唇にすれて口内炎ができてしまいます

最初のうちはどうしても、歯が飛び出ている部分に装着したブラケットが擦れやすく口内炎になってしまいます。こちらは歯がならんでいくにつれ、少しずつ改善されていきます。
どうしても気になる場合は、コーティングをしたり(部位によってできない場合があります)口内炎用軟膏を処方致しますので、お気軽にお申しつけ下さい。

歯磨きするときに気を付ける事はありますか?

ブラケットやワイヤーの周りはどうしても汚れがたまりやすくなってしまいます。
歯ブラシを色々な角度から挟み込むように歯磨きして下さい。
また、普通の歯ブラシでは毛の部分が大きく細かい動きが難しくなります。
ワンタフトブラシと呼ばれる、小さくまとまった歯ブラシの使用をおすすめします。(こちらは当院でも販売しておりますので、お気軽にお申しつけ下さい。)

カスタムメイド型マウスピース矯正装置に関するQ&A

痛みはどれくらいありますか?

マウスピース使用中は歯にじんじんとした痛みが出る場合があります。
特に新しいものに交換したばかりの時や、起床時に起こる可能性があります。
通常2~3日で痛みは消失しますので、様子を見る様にお願い致します。
また、数日たってもお痛みが引かない場合は当院までご連絡下さい。

口内炎になりやすくなったりしますか?

最初のうちはどうしても、唇などにすれて痛みが出る場合があります。
歯茎に当たって痛みが出る場合は、きちんとフィットしているか確認しながら調節する事が可能です。遠慮なくお申し付け下さい。

アタッチメント、ボタンがとれてしまいました。

アタッチメントやボタンはマウスピースを使用していくうちに外れてしまう場合があります。
つけ直しを行いますので、当院までご連絡をお願い致します。

チューイが劣化してきました

チューイは消耗品になります。弾力が弱くなってきたり、裂け目ができてきたりしたら交換の合図です。劣化したチューイをお持ち頂けましたら、新しいものと交換させて頂きます。

次につける予定のマウスピースをなくしてしまいました

マウスピースを紛失してしまった場合、ひとつ前のものをつけて頂く場合がございます。
使い終わったマウスピースは捨てずに、その次のものをお使いになるまで保管をお願い致します。
また、紛失してしまった場合は当院までご連絡をお願いします。

外食時はどう保管すればいいですか?

外で外される際は必ず専用ケースにいれて保管して下さい。
飲食店などでティッシュにくるんでそのまま捨ててしまったり、ポケットに入れたまま洗濯してしまったりといったリスクを低下させるためにもケースで保管をお願い致します。

外出先などで歯磨きができそうにない場合はどうすればいいですか?

歯磨きができそうにない場合は、
①ティッシュで歯の表面を軽くぬぐって頂く
②水で口をゆすぐ
などで対処をお願い致します。

マウスピースは途中で作り直しになったりしますか?

はい。マウスピースは、適宜作り直しになる可能性がございます。
マウスピースをご使用頂いていると、途中でマウスピースが合わなくなってくる場合がございます。
こちらはよく起こるものであり、歯を再スキャン→新しいマウスピースの作成といった手順になります。
なお、この場合、追加で料金を頂く事は原則ございませんのでご安心下さい。

カスタムメイド型マウスピース矯正装置中に抜歯したのですが、マウスピースをつけても大丈夫ですか?

場合によります。目立った出血などがなければお付け頂いて大丈夫です。
もし心配でしたら、当院まで一度ご連絡下さい。

アタッチメントとはなんですか?

アタッチメントとは、歯の動きをよくするために歯につけるプラスチックの突起のようなものです。
歯に近い色をしておりますので、至近距離でじっと見ない限りは気づかれにくいものになります。

どのようにお手入れすればいいですか?

ぬるま湯と指、または柔らかい歯ブラシで優しく磨いて下さい。
この時、食器洗い用洗剤(中性洗剤)を使用して頂いても構いません。

熱湯消毒をしても大丈夫ですか?

清掃時に熱湯を使用されますと、マウスピースが変形してしまう恐れがあります。
温かい飲物などは大丈夫です。

マウスピースを使用する上で衛生面が気になります。

衛生面が気になる場合はマウスピース専用洗浄剤の使用をおすすめします。
当院でも販売しておりますので、ご希望ございましたらお気軽にお声がけ下さい。

入れ歯用洗浄剤を使っても大丈夫ですか?

控えるようにお願い致します。
入れ歯用洗浄剤は、入れ歯についている強固な歯石などの汚れを落とす目的でできております。
マウスピースに傷がつく恐れがありますのでお控え下さい。

マウスピース洗浄時、歯みがき粉は使用してもよろしいでしょうか

お控えお願い致します。
歯磨き粉に含まれる成分によりマウスピースに傷がつき、雑菌繁殖のリスクが高まります。

カスタムメイド型マウスピース矯正装置の部分矯正はありますか?

はい。ございます。
ですが、部分矯正が適応であるかどうかは一度お口の中を拝見してみないとわかりません。
ご興味がございましたら、一度お気軽にご相談にお越しください。

歯磨きのときに気を付けた方が良いところはありますか?

はい。アタッチメントの周りにかなり汚れが残りやすくなります。
一般的に販売されている歯ブラシだと大きく、毛先が開当てづらくなってしまいます。
タフトブラシと呼ばれる1本ブラシでアタッチメントの周りを優しくお掃除して下さい。

IPRとはなんですか?

IPRとは、歯のスペース不足を改善するために0.2〜0.5 mm単位で歯と歯の間を削る処置の事を言います。ほんのわずかな量になりますので、痛みを感じない事がほとんどです。

ホワイトニングQ&A

効果はどれくらいで出てきますか?

大体2週間ほどホワイトニングを続けられますと、効果を実感いただけるかと思います。
個人差はありますが、効果のピークは2週間ほどとなっております。
当院のインスタグラムもご興味がございましたらご覧下さい。

Instagramはこちら しま歯ならび矯正歯科(@shima_ortho) • 写真と動画

しみたりしますか?

患者さんによっては、しみを感じられる場合がございます。
もし歯や歯茎にしみや痛みが出た場合は、一度使用を中止して下さい。通常2~3日程度で痛みは消失します。数日を超えても痛みが引かない場合、当院までご連絡下さい。

歯に縞模様が出てきたのですが、大丈夫ですか?

そちらはホワイトバンドと呼ばれるものになります。
ホワイトニング中に見られるものであり、使用を続けていただくうちに周囲となじみ、目立たなくなってきます。痛みなどなければ様子を見ながら継続していただいて大丈夫です。
(白い斑点が見られる場合がございます。こちらも様子を見ながら継続をお願いいたします。)

ホワイトニング中は飲食制限がありますか?

はい。何点かございます。
①色の濃いもの→コーヒー、カレーライス、ウーロン茶など
②酸性の強いもの→炭酸飲料、柑橘類の食べ物など
ホワイトニング中は歯に着色が付きやすくなります。酸性のものは刺激になりますのでお控え下さい。

トレーからジェルがはみ出てしまいます。

トレーからはみ出てしまった場合は歯茎が漂白されたり痛みが出たりする場合があります。
すぐに乾いたティッシュでふき取って下さい。
また、1歯あたりのジェルの目安量は米粒2~3粒程度になります。

洋服にジェルがついてしまいました。

洋服にジェルが付着した場合は、すぐにティッシュなどでふき取って下さい。
洋服が漂白される恐れがあります。

後戻りはしますか?

はい。ホワイトニング効果は永久的なものではありません。
月日が経つにつれ少しずつ後戻りしていきます。
もちろん、後戻りのしやすさには個人差(嗜好品など)があります。

ジェルに使用期限はありますか?

はい。ジェルには使用期限がございます。
当院で取り扱っているものですと、期限がジェル本体に記載されていますのでご確認下さい。

保管はどうすればいいですか?

ジェルは冷蔵保存になります(冷凍庫での保存はお控え下さい)
また、薬品になりますので、お子さんの手の届かない範囲での保管をお願いします。

何歳からホワイトニングができますか?

当院では、18歳から開始いただけます。
開始前に、お口の中の検査をして虫歯や歯周病など歯に異常がないことを確認させていただきます。

ホームホワイトニングを再開したいです。マウスピースは再利用できますか?

はい、破損などがなければ可能です。
ですが、使用しているうちにマウスピースがゆるくなってきている場合がございます。
また、マウスピース作製後に歯科治療を行った場合、マウスピースが適合しない可能性もあります。
マウスピースの状態を確認しますので、一度当院にお持ち下さい。

ホワイトニング効果を長持ちさせるにはどうすればいいですか?

ホワイトニング終了後、ホワイトニング効果のある歯磨き粉の使用をおすすめします。
また、ホワイトニング終了後も、色の濃い食べ物や飲み物はできるだけ控えていただければと思います。こまめに歯磨きやうがいをすることも効果的です。

マウスピースが破れてしまいました。作り直しが必要ですか?

ジェルが漏れ出てきてしまい、充分に効果が得られない場合がございます。
マウスピースの状態を確認させていただきますので、一度当院までご相談下さい。

ホワイトニングはどの歯まで行いますか?

笑った時に見える歯までをホワイトニングしていただくのがおすすめです。
笑顔の状態で、上の前歯が合計6~10本ほど見える方が多いです。
どの歯までホワイトニングするかに関しては、その歯の状態も確認した上で患者さんとご相談させていただきます。

ホワイトニングのマウスピースは1日何時間くらいつける必要がありますか?

1日2時間装着して頂きます。
2時間以上の装着は、しみやお痛みが出るリスクが高まりますのでお控え下さい。

pagetop