ヘッダー画像

医療コラム

ホワイトニングについて②|【公式】しま歯ならび矯正歯科|堺市西区鳳駅の矯正歯科

ホワイトニングについて②

こんにちは!

しま歯ならび矯正歯科の歯科衛生士です♪

最近暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

体調を崩してしまわないよう、無理なさらずこまめに休んで下さいね(>_<)

 

さて本題ですが、今回はホワイトニングについてその②~オフィスホワイトニング~について解説致します!

前回はご自宅で行って頂くホームホワイトニングについてお話させて頂いたのですが、

今回お話するオフィスホワイトニングはその真逆の、歯科医院で行うホワイトニングになります♪

では、項目ごとにもう少し詳しく説明していきますね

 

【 オフィスホワイトニングとは 】

歯科医院に来院して頂き、歯科医師・歯科衛生士が歯に薬剤を塗布した後、ライトを照射して白くしていく方法になります(*^^*)

使用する薬剤名は「過酸化水素」になります!

ホワイトニングと聞くとこちらを想像される方が多いのではないでしょうか??

ではお次はメリット・デメリットについてお話します!

(すべてホームホワイトニングと比較したメリット・デメリットになります)

 

【オフィスホワイトニングのメリット】

即効性がある

・道具などを自己管理する必要がない

【オフィスホワイトニングのデメリット】

色戻りしやすい

・しみるといった症状が出やすくなってしまう

になります♪

 

では何故同じホワイトニングであるはずなのにホームホワイトニングと相違点が出てくるのでしょうか?

1つづつ解説していきますね(^^♪

 

まず一つ目 即効性がある についてです。

前回のコラムでも簡単にお話ししたのですが、オフィスホワイトニングは

中の組織(象牙質)が外に透けてこないよう、薬剤を用いて表層(エナメル質)を半透明→曇りガラス状にする

表面の着色物質を分解する といった方法で歯を白くしていきます。

高濃度の薬剤、ライトなど用いて短時間で表面のエナメル質にアプローチしていきます。

そのためホームホワイトニングよりもすぐに白くなったと実感して頂けるのです♪

透明なビニール袋に包まれたバナナよりも、乳白色のビニール袋に包まれたものの方がバナナの色は透けにくいですよね。

イメージとしてはこんな感じになります(^^♪

 

ではお次の二つ目 色戻りしやすい についてです。

上記にもあるように、オフィスホワイトニングは表面のエナメル質を曇りガラス状にしてしまうものになります。

ホームホワイトニングとは違って直接象牙質にアプローチし、根本を白くしていくわけではないんです。

ですので、歯が再び色素沈着してきたり、曇りガラス効果がなくなってくるまた元のお色味に戻ってきてしまいます

オフィスホワイトニング効果の持続期間にはもちろん個人差があるのですが

おおよそ3か月~6か月と言われています(*^^*)

 

最後は三つ目 しみやすい についてです。

歯科医院にて行うオフィスホワイトニングは、ホームホワイトニングより

薬剤の濃度が高濃度になっています。また、薬剤塗布後はライトを照射します。

そのためホームホワイトニング時よりも、ライトの温度や薬剤濃度から 歯がしみる といった症状が出やすくなってしまいます。

(もちろん個人差はあります。お痛みが出た場合も通常は数日程度で消失します。)

 

ざっと説明させて頂きましたが、特徴としてはこんな感じになります♪

ホームと比べてしみやすくなるし、後戻りは早いし、ホームの方がいいんじゃない?と思われる方もいらっしゃると思います。

では最後にオフィスホワイトニングがおススメな方についてお話します(^^♪

【オフィスホワイトニングがおススメな方】

即効性を感じたい方

結婚式や成人式などのイベントを控えられている方

です♪

この日までにはやく白くしたい!という方に特におススメな施術になります(*^^*)

 

今よりもっと白い歯で、素敵な思い出がたくさんできることを祈っております♪

以上、しま歯ならび矯正歯科 歯科衛生士でした(*^-^*)

※申し訳ございませんが、当院では現在オフィスホワイトニングを導入しておりません。

今後導入予定にはなりますので、その時は皆さま是非ともご連絡お待ちしております(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop